代表メッセージ

MESSAGE

代表取締役社長竹森 直義

食の創造に努め、
豊かで幸せな社会に。

 当社は、昭和27年2月に十勝米穀として設立し、営業基盤も十勝・帯広から全国ベースに拡大し、日本人の主食である米穀を主力に、食品・飼料・燃料の4部門を経営の柱にして、食生活の向上を使命に、50周年の節目の平成14年4月に空知米穀と合併して、「食に対する価値を創造する企業」を目指して食創としてスタートしました。食に対する消費者の安全・安心のニーズが高まるなかで、皆様の信頼を得るために、当社としても、生産物流体制の整備・営業力の強化・業務の効率化に取り組み、安全・安心でリーズナブルな価格の商品に加えて、きめ細かなサービスの提供を通じて、多様化する消費者ニーズの対応に努めております。これからも豊かな食生活を創造するために、当社グループの総合力を発揮して、役職員一同切磋琢磨して取り組みますので、今後とも一層のご支援、ご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

会社行動指針

新しい暮らしのために、
「食」を「創」る。

「食」から始まる生活のゆたかさを「食創」はめざし、
主食であるお米をはじめとして、
食卓に欠かせない食品群を幅広くお届けしています。
また、北海道の畜産業へは飼料をお届け、
調理のためのLPガスや灯油も「食創」の取り扱い商品です。
「食」の安全・安心を基本に、
トータルに「食」の新しい価値を「創」ります。

コーポレート アイデンティティ

ロゴデザイン

全体のフォルムはSHOKUSOUの頭文字「S」を表し、マーク中心部にはお米をデザイン。そこからダイナミックに力強く発展していくイメージを表現しています。新しい自体の食を生産者から市場、消費者へと流通させ、食の世界を広げていく企業の姿勢を伝えています。

コーポレートカラー

いのち、情熱、活力を表す「赤」、豊かな実りと発展性を表す「黄金色」、食を担う企業の躍動感と上昇感を表現し、おいしさを明るく伝えるカラーリングです。